写真の勉強、はじめようかな。

どうも、たかのりうむです。

 

ぼく、絵を描いたり、何かをデザインしたりという

自分の考え方を表現したりとかっていう

行為がとても苦手でした。

ただ、うまくなりたいという興味というか

憧れみたいなものはずっと抱いていました。

 

じゃあ、練習すればいいじゃない。

っていう話ではあるんですが、

ぼくが学生の頃、美術教師だった親には

「センスが無いからやめておけ」と言われ、

前の会社でプレゼン資料を作れば先輩からは

「センスが壊滅的」と言われ、

昔担当していたお客さんからもチラシを

なんでもいいから作ってくれと言われ手作りしたところ

「こんなのダサくて貼れるわけねえだろ!」

と言われ、、、。

センスがないから、という理由でそういった

努力をすることそのものを諦めていました。

なんせ、センスがないからやっても無駄でしょ?

みたいに。

 

ただ、先日、水野学さんの

「センスは知識からはじまる」

という本を読みました。

センスは知識の蓄積から生まれてくると

そこには書かれていました。

 

この主張が正しいかどうかは置いといて、

少なくとも、ぼくみたいに興味はあるけど

周りからセンスがないとかそういうことを

言われて、自分自身が何かを作り出すということを

半ば諦めていたぼくみたいな人間には

とても勇気が出る本でした。

 

もちろん、センスを生むための知識を身につけるのは

並大抵のことではないんでしょうが、

「あぁ、ぼくも何かを作ったりとか、表現したり

することをしてもいいんだなぁ。」

と、これまでの考え方がちょっとだけ変わりました。

 

そんなこんなで、今後はちょいと

勉強に取り組み、シャレオツなおっさんを目指していきます。

 

何しようかなーと考えたんですが、

ずっと家にOlympusコンデジ xz-10が

放置されてホコリを被っていたのと、

最近子供が生まれて、今後成長していく記録を

せっかくならきれいに残したいという

思いもあり、写真の勉強をしていきたいなと。

 

まずは基本的なことから、勉強しつつ、

このブログを通してちょっとずつ成長できればと思います。

 

どうぞよろしくです。